【衝撃】さくらももこ(53)さんが乳がんで亡くなっていた!知られざる闘病生活と経歴とは?!

ニュース

さくらももこさんと言えば、毎週日曜日に放送している「ちびまる子ちゃん」の作者であり、数々の小説も世に出している。

私も小さい頃は読書が苦手だったが、さくらさんの作品はよく見ていた。

 

漫画家のさくらももこさんが8月15日に乳がんで亡くなっていたことがわかった。

8月27日、19:30にさくらプロダクションは、さくらさんのブログを更新。

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのために永眠いたしました。

これまで暖かい応援をしてくださったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆さまに深く感謝いたしますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

(中略)

なお、通夜・葬儀はご遺族の以降により、親族・近親者のみで執り行われました。

 

今年5月、さくらさんは西城秀樹さんが逝去されたときも自身ブログで、

「私たちの世代にとって秀樹さんはスターでした」

「ご冥福をお祈りいたします」

と、コメントしていた。

 

 

闘病生活はいつからだったのか?

色々と調べてみたが、彼女の闘病生活については、公にされていなかった。

おそらく彼女は身内の方々とともに、闘病生活を続けていたことだろう。

ブログは7月2日、ワールドカップの試合を見た感想を書いたのを最後に、更新が途絶えていた。

最期まで「さくらももこ」を貫いた。

 

 

さくらももこさんの経歴とは?

画像元:公式ブログより引用

名前 :さくらももこ

誕生日:1965年5月8日

出身 :静岡県静岡市清水区出身

アニメ「ちびまる子ちゃん」、「コジコジ」の原作者であり、主人公まる子は自身をモデルにしたキャラクターであることは有名。エッセイ、詩集、作詞、漫画、独自の世界観で才能を発揮。「踊るポンポコリン」などの作詞者でもある。

 

 

ツイッターの声

 

 

まとめ

時が立つのは早い。生まれて初めて手に取った「分厚い本」はさくらももこさんの「もものかんづめ」だった。

世界観が確立されていることは、幼いながらにも感じ取ることができたし、その飾らない本の表紙も印象的だった。

「これなら読めそう」と直感的に思ったのを覚えている。

あれから数十年。まるちゃんは空へ旅立っていってしまった。

今どんなふうに見えるんだろう。久しぶりに会いたくなった。FODでみようかな。

心よりご冥福をお祈りいたします。