【ゼロ高等学院】って何?ホリエモンが校長?どうして作ったの?疑問をまとめてみた。

ニュース

 

 

かねてから「日本の教育を壊したい」と発言してきたホリエモンこと堀江貴文(実業家)。SNS educationは、堀江貴文氏が主宰する新しい高等学院、その第一歩として「ゼロ高等学院」を2018年10月に開校することを決定した。

明日、7月26日の18時から記者会見が行われる予定だ。そこで、

・ゼロ高等学校とは何なのか。

・なぜ作ろうと思ったのか。

をおさらいしておこう。

 

ゼロ高等学院とは?

さまざまな有識者、述べ1500人のHIU(堀江貴文イノベーション大学校)のサポートにより、株式会社が設立する新しい形態の学校とのこと「座学を目的とせず、行動を目的とする」という指針を掲げている。

  • HIU宇宙ロケットの開発・発射、
  • 和牛の生産販売
  • 寿司職人になるための技術や経営
  • ファッション
  • エンジニアリング
  • 村づくり
  • シェアオフィスづくり

 

全貌は明かされていないものの、幅広い分野においてプロから学べる環境が整えられ、実践的な活動が行えることで「経験」という財産を手に入れることができる。

おそらくミソになってくるのは「既存の高等学校と教育提携し、通信制高校として高校卒業資格の取得できる」という点。

ここがどういうシステムになっているかだ。

 

 

ホリエモンが校長?

「ゼロ高等学院」の最高責任者にはSNS educationの代表取締役である内藤賢司氏が就任。ホリエモンはあくまでも主宰の立場であるようだが、顧問にはいずれも大物の就任が発表されている。

●元マイクロソフト社長 書評サイトHONZ代表 成毛眞氏
●クリエイターエージェント業 コルク代表 佐渡島庸平氏
●ヒトメディア 代表取締役社長 森田正康氏
●ビリギャルの著者・坪田塾の代表 坪田信貴氏
●モテクリエイターゆうこす 菅本裕子氏

ここまでベールに包まれていた内容であり、7月26日の記者会見が予定されているが堀江氏はツイッターでこう述べている。

・学費はそんなに高くない
・内申点は関係なし
・お金さえ払えばだれでも通える
・年齢の上限はなし
・編入OK

高校という名はついているが、すでにその枠にとらわれない内容だ。

 

ゼロ高はどうして作られたのか?

堀江氏はかねてから学校教育に対しての思いを自身の著書で繰り返し訴えてきた。「全ての教育は洗脳である」という名の本も出している。現在は実業家として活躍する中田英寿氏も日本人選手の「メンタルの弱さ」について、「学校教育や社会の成り立ち、指導者の問題かなという気がする」と述べている。

彼の考えは自分で学びたい」と思うことを奪ってしまう教育を捨て、やりたいことのために進路を自ら選ぶ力を養える場所を作ることであるという。今の勉強で身につくことは敷かれたレールに乗る習慣だけだと、批判している。

階段を上がるように小・中・高と進学していく。しかしその「当たり前」の中に違和感を覚えないことに堀江氏は疑問を抱いており、その先駆けが今回の挑戦だ。

 

ツイッターの声

堀江氏の新たな挑戦にツイッターでは早くもたくさんの声が寄せられている。

https://twitter.com/cocopinky24/status/1022011755298533376

https://twitter.com/betterseiji/status/1022066193656504320

 

 

まとめ

ゼロ高等学院とは何か、そしてどうして作られたのかをまとめてみた。

7月26日の記者会見で、どこまで明かされるのかはわからないが、彼のツイッターにはその覚悟が記されていた。

今の時代普通科の高校に三年も通うことはほぼ意味がないのですが、やはり親や教師は「高校くらいは行っとけ」と何も考えずに押し付けるわけで、その押し付けを通信制のコースでやり過ごしながら、本当にこれから必要になってくる行動力を身につけてもらいます。メンター、ティーチングアシスタント的な役割りはHIUの大人が行います。そして、短期間で体験できる鮨職人コースなどの講座がありハマったらそれこそ寿司店開業するもよし、ハマらなかったらハマるまで色々用意してる講座から選んでいけばいいのです。本当はもっと低学年からやりたいんですが、まずは最速でやれる仕組みで始めます。

(堀江貴文ツイッターより引用)

何かと過激な発言で炎上商法的なやり方が目立つ彼だが、新たな一歩を踏み出した行動力に敬意を評したい。